20代、30代、40代の転職活動の進め方と登録しておきたい転職エージェントのご紹介等


キャリアコンサルタントが語る『転職ノウハウ』

◆転職活動の進め方に迷っている・・・

◆転職エージェントで他に数社登録したいが選べなくて悩んでいる・・・

◆過去に失敗したので、転職活動に活かせる情報などを知りたい・・・


転職活動をこれからスタートしたいと思われる際に、どのように進めて行ったら良いのか?悩むと思います。これから、転職活動をスタートされる方、少し苦戦をしていて改善をしたいと感じている方等に参考になる内容をお伝えさせて頂きます。

最初に(坂本よりメッセージ)

日々のYouTubeライブ、動画、ご相談やご支援等、多くの方々のお悩みやご相談と向き合う中、感じる課題があります。①自己分析や自己理解をしないまま、求人案件ありきの転職活動が主体となり転職後に失敗や後悔が多く生まれている➁内定承諾をする前にしっかりと考えず安易に飛び込んで早期離職をしてしまう。

この2点は凄く勿体ないと感じております。(+αとしては違和感、嫌な予感等、直感を大切にする事も要注意※念の為に企業の口コミをチェックして参考程度に情報把握をする事もお勧めです。例えば・・・【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

特に、最近は上記の2つのポイントを改善する為に私から積極的に「自己分析や自己理解(自分と向き合う事、自分を知って、理解して今後を考える事)の重要性」「内定承諾前に焦らずにじっくりと考える+誰かに相談をして総合的に判断」を伝えるようにしております。

今後、転職活動をされる方は是非、頭の片隅に入れておいていただき、より良い転職、より良いキャリアを描いて下さいね。転職して良かった・・・良いキャリアが描けた・・・そうなるように、心から応援しております。

参考記事:自己分析や自己理解が弱いと転職活動が厳しい。自己理解が大切な理由について

参考記事:【内定承諾期間に悔いの無い決断】内定承諾後の辞退にならないように事前に相談する事

もし、辞めるのか?辞めないのか?苦しくて悩んだ時、その1つの判断として「自分を大切にする事」

心身ともに健康が厳しい状態で続けてしまうと倒れる可能性があります。自分を守る。自分で自分を大切に判断する事が必要な局面がある。この事も覚えて頂ければ幸いです。

それでは、「転職活動の全体像についての解説」「20代、30代、40代の各年代の転職活動の進め方」「お勧めの転職エージェント情報(20代若手支援、業界や職種の専門特化型等)」等を参考にご覧ください。

※当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています。

自己紹介

株式会社キャリア経営パートナーズ 
代表取締役 坂本 典隆

私は人材業界で15年以上経験があり2014年には起業。転職エージェント&キャリアコンサルタントとして転職やキャリアの相談を日々させて頂いております。

キャリアとしては①株式会社メガネスーパー(店長・エリア教育担当)②ウインク株式会社(SV)③株式会社エスプール(支店立ち上げ、支店責任者、コンサルティング営業)④株式会社グッドニュース(創業数年のタイミグで入社、営業スタート、事業責任者、No.2として様々な事業に関わる)⑤株式会社キャリア経営パートナーズ(独立起業)

最近は転職エージェントを使わずに個人で転職活動をされる方も多く、様々な有料サポートも好評です。自己分析・自己理解の支援、面接練習、職務経歴書作成支援、内定承諾前のお悩み相談会、転職後のサポート(1ヵ月、2ヶ月)等もお気軽にご相談下さい。※詳細情報やお申込みはコチラ

実績と経歴紹介記事:転職活動の伴走者(escort runner)坂本典隆/キャリア経営パートナーズ/転職支援実績

オンラインセミナー開催/転職成功に必要な心構えシリーズ

YouTube運営動画チャンネル:悔いの無い転職&キャリアチャンネル

転職活動の全体像についての解説

転職活動を考えた際に、手段は複数存在します。特に絶対にこれが間違いない!というものは無く、個人個人の方々が色々な手段で動いている状態です。例えば以下のようなイメージです。

◆求人広告を活用

リクナビNEXT、doda、マイナビ転職、エン転職、Re就活等のメディア

◆ダイレクトリクルーティング(スカウトを待つ)

ビズリーチ、リクルートダイレクトスカウト、AMBI、ミドルの転職、dodaX等
(その他、求人サイトとスカウトが両面あるものとしてdoda、マイナビ転職、エン転職等)

◆ソーシャルリクルーティング

X(Twitter)、Facebook、LinkedIn(リンクトイン)、YouTubeなどのSNS上で採用

◆求人検索エンジン

Indeed、求人ボックス、Googleの検索エンジン

◆転職エージェントを活用

大手から中小企業まで全国には2万社以上存在します。一般的に名前を聞いた事がある転職エージェントは以下のような企業かと思います。

リクルートエージェント、マイナビエージェント、doda(パーソルキャリア)、JACリクルートメント、ネオキャリア、レバレジーズ、エス・エム・エス等

◆ハローワークを活用

正式名称は「公共職業安定所」。「公共職業安定所」を略して「職安」と呼ばれる場合もあります。ハローワークは国(厚生労働省)が運営をしており、「求人検索・就職関連の相談」を無料で利用可能。

◆有料支援、キャリア系のコーチングサービスを活用

ポジウィルキャリア、マジキャリ等の有料のキャリアコーチングサービスを展開している企業も複数あります。(金額は高額なイメージですが利用者は多く、人材紹介会社ではない立ち位置)

◆ヘッドハンター

一般的な転職エージェントとは違い、クライアント企業からの要望をもとに、企業で現在活躍をしている方をピンポイントで声をかけて転職ニーズが無い状態から伴走して口説いたり中長期的にアプローチをしてご縁を創るというスタイル。

20代の転職活動の進め方

・転職活動のポイント

20代の転職は可能性やポテンシャルを活かした転職が可能です。業界や職種を変えたキャリアチェンジをするにも適している時期になりますので、ご自身の自己分析、自己理解を深める事。その先の目標やなりたい自分を描けるような転職を実現して頂きたいと感じております。

また、フリーターやアルバイトとしての経歴が多い場合は、20代で挽回する事。若さを活かしてキャリアを整える。トータルで見られるので次の転職で自分の土台を作るような経験や実績を磨いて下さいね。

勿論、経験を活かして自分のキャリアにとってプラスになるようなキャリアアップ、チャレンジングな転職もお勧めです。20代という可能性を最大限生かしてより良い転職を実現してまいりましょう。

・具体的な行動

手段としては20代は色々なケースで対応できると感じております。これしかダメ・・・という制限はなくご自身のスタイルや合っている方法が自由に使えます。お勧めは自分で選ぶというスタイル。直接応募で動く形。

または直接応募と転職エージェントの併用スタイル。良いなと思える信頼できるコンサルタントと出会えた場合は専属でも可能ですが、対応に違和感を感じた時には担当を変えたり会社を変える事で無駄なストレスを回避してください。

昨今、SNSや様々なアプローチが可能なので、上記のようなスタイル以外でSNSのみで内定を獲得するなどの動きも普通になってきているので、リサーチをしつつ、フットワークの軽さを活かしてチャレンジをしてみて頂ければ幸いです。20代が一番、転職活動で順調な結果になる事が多いと考えます。だからこそ、転職回数が多い、在籍期間が短い等、コンプレックスがある方は次の転職で自信が持てるキャリアを創る事。

※ご支援やセカンドオピニオンが必要な方へ。※転職やキャリアサポートメニュー

30代の転職活動の進め方

・転職活動のポイント

30代に入ってくると20代とは違って経験や実績をしっかりと見られるようになります。ポテンシャルや可能性については20代では無いので厳しくなり即戦力、活躍イメージが沸かないと採用に至らないというリアルな状態と直面する事もあると感じております。

逆に言えば、スキルや経験、お人柄がベストマッチになるとスムーズに転職活動が進むなど、順調に転職活動でご縁を掴む方と厳しい方との差が少し出てくる年代だと考えます。転職活動の二極化が生まれるステージだと感じております。

特にマネジメント経験やリーダー経験、教育や育成など。自分一人での仕事ではなく組織、事業部等を束ねるようなご経験をしていると強みとして訴求も可能。ポイントは企業側が採用したいという人物像に自分がマッチしているのか?何が強みで企業にとって採用するメリットになるのかを訴求する事が必要です。

・具体的な行動

30代以降からは少し、様子が変わってきてしまいますが求人広告などのサイトは20代から30代前半くらいが対象になる事が多く、エントリーをしても厳しいという結果になる方も増えてきます。20代は順調だったのに・・・という感覚です。その為、ビズリーチなどのスカウトを待つスタイルを組み込み、直接応募のアプローチも自ら行って動く流れも大切です。

転職エージェントを活用する事も並行して使っていただき、経験が活かせてピンポイントで受けたい案件があった際には転職エージェント経由でアプローチをしてみて下さい。仮に不採用だった場合も転職エージェントからのフィードバックが改善に繋がる情報になる為、まとめておくことがポイントです。20代以上に自分の強みや経験を踏まえた戦いになると考えます。

※ご支援やセカンドオピニオンが必要な方へ。※転職やキャリアサポートメニュー

40代の転職活動の進め方

・転職活動のポイント

30代と変わって40代になると更に明暗が分かれる転職活動になると考えます。企業側の課題や実現したい事に対して即戦力として活躍が出来るのか?目線が上がりスキルや経験が足りないと書類選考も全く受からないという厳しい方も多くおられます。20代、30代、40代と年齢を重ねれば重ねるほど、採用のハードルは上がるので長期戦を覚悟して活動される方も多いです。

実際に、40代になっても各社から内定を複数獲得する方もおられ・・・スキル、経験、お人柄の3拍子が揃って苦戦をしない方もいれば、半年以上の長期戦になる方もいるなど30代以上に明暗は分かれると感じております。だからこそ、気持ちが落ち込まないように一人で厳しい場合は相談できる人や適度なリフレッシュも取り入れて戦う事が重要です。

※特に私にご相談を頂くケースも多く、お一人で転職活動をしている方、転職エージェントを活用している中で、サポートが弱い方など、セカンドオピニオンとしてもご支援をしております。※転職やキャリアサポートメニュー

・具体的な行動

実際に、何が正しいのか?分からないという状態になるくらい苦戦をしている方も多い年代です。つまり、絶対の正解は無く色々な手段で皆様頑張っておられます。例えば、以下のようなイメージがお勧めです。ビズリーチなどのスカウト型に登録(スカウトを待つ)、転職エージェントに複数社登録(求人で良いものがあれば動く)、直接応募(自分でSNSや企業の採用ページ等をリサーチして応募、人脈の活用や出戻り転職の選択肢を入れる等。

今までのご自身の人生で培ったものや得たものをフルに使って転職活動をしていく形となります。特に年齢が上がると自然に横柄な態度になっていたり変なプライドが捨てられなかったりと印象面でマイナスになる方もおられます。

企業が一緒に働きたい人になれているのか?自問自答しつつ面接においての印象面、転職理由やこれからのキャリア、自分自身の強み等、大切な部分をしっかりと準備をして戦う事が大切です。年齢の壁や自分の限界などを感じる事もあると思いますが、「今が一番若い。」今行動しなければいつするのか?時間は経過していきます。後悔しないように行動していきましょう。

20代の若手の方へお勧めの転職エージェント

総合型の転職エージェントが主で、未経験からの挑戦、経験が浅い未経験やフリーター、学歴が厳しい方など、自分の経験にコンプレックスや自信が無い方など、幅広いキャリアの方に対応可能性がある20代の若手対象のエージェントとなります。複数登録をしてご自身と相性の良い企業で3社程に絞る形がお勧めです。

キャリアパーク就職エージェント
→既卒・第二新卒をメインに20代専門の就職エージェントとしてスピード感をもって内定獲得へのサポート。「求人紹介」「面接対策」「履歴書・エントリーシートの添削」「企業からのフィードバック情報」の支援を実施。

リクルートエージェント
→全国展開で求人数が圧倒的に多く知名度が高い転職エージェントとして一旦、登録をしておいて相談をしてみるという方が多いです。求人目当てに登録するイメージです。全国的に網羅している大手だからこそ、依存をし過ぎずに上手く活用していけばメリットもあると考えます。

第二新卒エージェントneo
→20代に特化しているからこそ、若さや可能性を活かすことが出来ます。第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援。注力エリアや拠点イメージは(新宿/大阪/名古屋/福岡)です。

ツナグバ
→20代、第二新卒などに強みを持つ若手の転職支援を主に行っている転職エージェント。書類作成や面接対応等の細やかさも特徴。大手のエージェントだけではなく並行して活用されると良さも感じられると思います。

WorkHive
→IT業界を中心に未経験の求人は全体の約8割。未経験から正社員デビューなど、経験に自信が無い方にお勧め。未経験者でも可能な幅広い選択肢の中から提案をして頂けるのでキャリアに迷っている方にもマッチします。

ハタラクティブ
→「20代をメインとした若年層の就職・転職」の支援を展開。「フリーター」「既卒」の方など、「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」をメインに取り扱っている転職エージェント。

えーかおキャリア
→20代でフリーター等で社員を目指したい方、仕事への意欲が高くて転職活動で苦戦している方などを手厚くサポート。手厚くマンツーマンサポートを行う等、大手エージェントと比較して活用すると違いを感じて頂けると思います。

ユニゾンキャリア
→20代で未経験からITエンジニアを目指す方の転職を、IT業界を知り尽くしたキャリアアドバイザーが、エンジニアのキャリアプランや給料面なども包み隠さずお伝えし、業界・職種理解~入社後までサポートする点も魅力。

業界特化型の転職エージェント等、経験を活かしたいキャリア層の方へお勧めの転職エージェント

株式会社MS-Japan:管理部門特化型の転職エージェント
→経理・財務・人事・総務・法務・会計事務所・弁護士・公認会計士・税理士などに特化した転職エージェントです。関東・東海・関西の主要都市を中心に、大手上場企業、外資企業、優良ベンチャー企業、または会計事務所、監査法人、法律事務所、金融機関等。

Back up Career(Mirise up株式会社):事務職などのバックオフィス業務特化型の転職エージェント
→20代、30代の方々のご相談が多い転職エージェントで無料で提供している「仕事適性診断」も好評。人事、経理、法務、ITサポートなどのような部門を求人として扱っているエージェント。

type転職エージェントハイクラス(株式会社キャリアデザインセンター):ハイクラス・エグゼクティブ領域特化型の転職エージェント
→ハイクラス・エグゼクティブの求人1万件以上、コンサルタントとの面談満足度83%、豊富な企業データ等、ハイクラスの方には安心のエージェントとなります。

アクシスコンサルティング株式会社:コンサルティング業界特化型の転職エージェント
→コンサルティング業界との強いパイプにより非公開求人の保有割合も多く、キャリアコンサルタントは、コンサルティング業界やIT業界の出身者などで構成され、業界を熟知している点も魅力です。

ヤマトヒューマンキャピタル(ヤマトヒューマンキャピタル株式会社):経営×ファイナンス業界特化の転職エージェント
→M&A、PEファンド、事業再生、ベンチャーキャピタルやコンサルタントなど経営人材やファイナンス専門職に特化した領域での転職支援サービス。

レバテックキャリア(レバレジーズ株式会社):IT/Web業界特化の転職エージェント
→ITエンジニアが利用したい転職エージェントとして豊富な求人数を誇るエージェント。人材業界大手だからこその手厚いサポートでIT業界で案件を見てみたい方にはお勧めです。

ツギノシゴト【マーケ】(株式会社ツギノテ):デジタルマーケティング経験者特化型の転職エージェント
→デジタルマーケティング経験者の支援に特化。デジタルマーケティングに精通したプロマーケターが、求職者様のご経験をじっくりヒアリングさせていただき、ご要望に沿った求人を紹介する転職支援サービス。

【宅建Jobエージェント】(株式会社ヘイフィールド):不動産業界特化型の転職エージェント
→不動産業界に精通したプロのアドバイザーが担当。非公開求人を含む3,000件以上の求人情報を保有し、給与条件の交渉や面接対策もお任せできます。

ブライダルビズ(株式会社ブルークレール):ブライダル業界特化型の転職エージェント
→経験を活かして未経験からも転職成功の方々も多数。非公開求人を含む5000件以上の全国のホテル・結婚式場・ドレスショップ・ブライダルサロンの求人を保有している転職エージェント。求人サイトで見つけることができない求人も保有している点も魅力。キャリアアドバイザーの丁寧で細やかなサポートは大手にはない強みの1つ。

飲食の転職(株式会社ブルークレール):飲食業界特化型の転職エージェント
→企業内で複数の業界特化型の転職エージェント事業を行っているのでプライダル以外に飲食業界にも強みのある支援を実現。全国のレストラン・カフェ・居酒屋・飲食店・給食調理の求人を保有している転職エージェント。キャリアアドバイザーは、外食業界出身の豊富な経験者。上場企業の元営業部長から、SV経験者、人事部長までの経歴者が所属

ビーバーズ(株式会社ビーバーズ):建設業界特化型の転職エージェント
→全国の豊富な求人を保有をしており建設業界に特化した転職支援サービス。しあわせを大事にする働き方”をモットーに建設業で転職する方に対し収入アップやキャリアアップはもちろん、様々なワークスタイルの求人を提案し満足度の高い転職サービスを提供。

株式会社U三:身体障害者のための就職・転職・キャリアアップ支援サービス
→身体障害者の方々の就職・転職・キャリアアップに特化した転職エージェント。代表自身が義足ユーザーであり障害を持つ当事者として様々な社会経験を積んできたからこそ、お悩みを理解し求職者様に寄り添い、的確な支援のご提案を展開。

その他の情報について(コミュニケーション能力向上やプログラミング等、スキルアップ)

超実践型プログラミングスクール【PRUMエンジニア留学】
→未経験から9ヶ月でエンジニア転職・副業を叶える超実践型プログラミングスクール。一般的なプログラミングスクールと違い、Webエンジニアを養成するためのシステム開発会社発オンラインプログラミングスクールです。カリキュラムに自信があるからできる「30日間全額返金保証」制度あり。

【コミュトレ】実践形式のビジネススクール
→コミュニケーション能力や伝える力を磨くスクール。例えば上司への報告・説明力、人間関係を築く話し方、会議での論理的な話し方、営業で成果をあげる話し方など、ビジネスシーンで活かせるスキルアップへ。

キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】
→キャリア版のライザップとして有料のキャリア・コーチングサービスを展開して着実に成長中。一番、知名度が高いサービス。

退職代行サービスの参考情報

【退職代行モームリ】
→弁護士監修の適正業務、労働組合が運営している為、会社に対しての交渉が出来る、株式会社アルバトロスが管理等の安心ポイントがあるサービスです。

【弁護士法人みやびの退職代行サービス】
→弁護士法人が対応する安心感と無料相談からのスタートが出来るので他社と比較をして検討する事も可能。

精神的に辛く人間関係に悩んでいる時の参考情報(有資格者のカウンセリング等)

オンラインカウンセリング【かもみーる】
→24時間以内に悩みを専門家に相談することができます。医師監修のカウンセリングサービスとなり、有資格者のみが在籍するカウンセリングサービスという点も安心です。

オンラインカウンセリングサービス【URARAKA(ウララカ)】
→臨床心理士や社会福祉士などの専門家に気軽にオンライン相談・カウンセリングが受けられるサービスです。通常のカウンセリング以外に、メッセージ、ビデオ/電話相談等の手段がある点も特徴です。

アドラー心理学検定1級講座
→日常生活や仕事においての人間関係にも活かせる内容。①自分や家族の心のケアに②アドラー心理学を仕事で生かす(人間関係など)③セルフメディケーションの普及活動(健康社会に向けて)等が特徴。

※今後、魅力的な情報が入った際に追加でご紹介をさせて頂きます。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。あなたにとっての、一つの参考にしていただければ幸いです。

個人で転職活動をされている方、転職エージェントを使っている中でセカンドオピニオンを求めている方へ(各種有料支援)

株式会社キャリア経営パートナーズでは、自己分析・自己理解の支援や個人で転職活動をしている方、転職エージェントを活用している中でサポートやセカンドオピニオンが必要な方等の様々な有料サポートをしております。(代表の坂本が対応致します)

特にお一人での転職活動は不安がつきものです。孤独との戦いを頑張っている方と伴走しつつご支援をしております。また、転職エージェント様を活用しているが、サポートが無かったり不安がぬぐえない方のご支援も増えてきております。求人紹介は問題ないが支援スタイルに課題があるエージェント様の場合、ご相談が入る事が多いと感じています。

自己理解、面接練習、職務経歴書作成支援、内定承諾前のお悩み相談会、仕事人生のお悩み相談会、転職後のサポート(1ヶ月、2ヶ月)、オンラインセミナー等もお気軽にご相談下さい。色々なプランの中から最適なサービスを選んで頂ければ幸いです。

※各種支援サービスの紹介ページ
※キャリア相談ページ

転職支援希望者(案件紹介前提)の方へ

ご経験やご年齢、様々な条件によって求人が無い為にご紹介できないケースもございます。その点はご理解いただければ幸いです。

今月の転職相談(求人案件提案希望)の注力テーマ&お勧め情報

【お問い合わせ後の流れのイメージ】
①お問い合わせページに必須情報を入力して送信(お名前やメールアドレスなど)
②当社にメールが到着しますので坂本が確認をしてヒアリングメールをお送りします。
③ご年齢やご経験、条件面などの簡易的な内容をメールでご返信ください。
④頂いた内容を踏まえて求人のご紹介が可能かどうかを検討させて頂きます。
⑤求人のご紹介が出来そうな場合、ご面談をさせて頂きます。
お問い合わせはこちらをクリックしてお願いします。

転職支援・キャリア支援体験談(アンケート)

以下をクリックしていただければアンケート画面にリンクしております。

by キャリア経営パートナーズ