パーソルキャリア株式会社に転職するには?評判・面接対策・選考難易度などを徹底解説!


企業別転職ノウハウ情報

✔パーソルキャリアに転職を考えているけれど、面接対策は何をしたらいい

✔パーソルキャリアの給与、福利厚生はどう?

✔パーソルキャリアの評判は?どんな会社?

今回は、パーソルキャリア株式会社に転職を考えている方に向け、プロの転職エージェントでありプロのキャリアコンサルタントが、中途採用の選考の流れ、傾向と対策、年収、評判(口コミ)、カルチャーなどを詳しく解説します。

国内最大手、東証プライム上場の総合人材サービス企業グループであるパーソルグループの中で中途採用領域を中心に人材ソリューション事業を展開するパーソルキャリア。

2021年版 「働きがいのある会社ランキング」で16位を獲得、9年連続で選出されているパーソルキャリアに転職をしたいと考えている方、興味を持っておられる方も多いのではないでしょうか。そのような方に向けて情報をまとめております。

私は人材業界で14年以上経験があり2014年には起業をして転職エージェント&キャリアコンサルタントとして転職やキャリアの相談を日々させて頂いております。

実績と経歴紹介記事:転職活動の伴走者(escort runner)坂本典隆/キャリア経営パートナーズ/転職支援実績

YouTube運営動画チャンネル:悔いの無い転職&キャリアチャンネル

こちらの記事ではパーソルキャリア株式会社会社の事、仕事内容の事、面接のポイント、面接の対策まで詳しくお伝えしております。是非、転職成功に向けて頑張って下さい。

このブログを書いた人


株式会社キャリア経営パートナーズ 
代表取締役 坂本 典隆

経歴:眼鏡業界で2社、人材業界で2社、2014年に起業して今に至る。人材業界では14年以上のキャリアがあり、日々、転職支援・キャリア支援に尽力。

取得資格:キャリアコンサルタント、 TCS「認定コーチングスキルアドバイザー」、CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)、経営者の軍師 認定コンサルタント(1級)

※転職支援実績

パーソルキャリアの事業内容

人材ソリューション事業を軸に大きく5つの事業を展開しています。

【主力製品・サービス】

人材紹介サービス、求人メディアの運営、転職・就職支援、採用・経営支援サービスの提供

1)メディア事業
 主力のアルバイト・パート領域に加え、正社員・派遣の一部を含めた求人メディアの運営

2)キャリア事業
 「人材紹介サービス」「転職サイトサービス」が一体となった 正社員採用支援サービスを提供

3)派遣事業
 顧客企業に対する外部人材リソースの有効活用の企画、提案、サポート

4)アウトソーシング事業
 IT、バックオフィス、セールス領域に関する業務を一括してお預かりし、業務課題解決に向けたサービスを提供

5)雇用開発事業
 「障がい者雇用支援事業」「官公庁事業」「新卒事業」など社会的な雇用課題の解決に必要な提案や採用支援

パーソルキャリアの中途採用【求人情報】

中途採用については、現在、営業/顧客折衝、マーケティング、エンジニア、クリエイティブ、コーポレート、アシスタント、事業部付企画など幅広く採用活動が行われています。

今回はその中で、コンサルタント/エグゼクティブ層向け支援【東京】と【東京】リクルーティングコンサルタント(RC)/大手顧客担当ポジションについて解説します。(※2024年5月現在の募集内容です。最新の情報・詳細はパーソルキャリアの企業HPをご確認ください)

仕事内容(詳細)

■概要:
「”人材”こそ”経済”の競争力ととらえ、変革・挑戦する事業と志あるビジネスリーダーを繋ぎ、日本の未来を創造する”」をビジョンに掲げ、
エグゼクティブ層向け人材紹介サービスを提供する組織である
「パーソルキャリアエグゼクティブ エージェント:Persol Career Executive Agent(通称:EAS)」にて、コンサルタントとして
法人クライアントへの採用支援およびエグゼクティブ層の転職希望者に対するキャリアコンサルティングを実施いただきます。

・企業の役員や事業経営者の方と未来に向けた戦略と現状とのGAPから想定される経営課題事業課題を組織課題に引き寄せながら商談を実施。
 ソリューションとしてのエグゼクティブ領域採用における需要喚起を行い、採用をリードしていきます。
・個人の方々のキャリアカウンセリングを通じて、多様な働き方におけるキャリア戦略を共に考えEASが保有する案件との機会を創出します。
 場合によっては企業の事業課題と個人のキャリア戦略の接合点を創造し、顕在化していないポジションを自らの提案で創出します。
・具体的に関与したプロジェクトで採用成功し、新たなサービスが世の中に誕生しそれを目の当たりできる点もナラデハのやりがいに繋がります。

■業務の流れ:
(1)クライアント(法人)開拓および求人案件開拓
…当社の特徴および業務フローの説明、登録型紹介会社では解決が難しい案件の獲得
(2)求人案件に合った候補者のカウンセリングおよび案件プレゼンテーション
…データベースから候補者をサーチ&アプローチ。ご返信をいただいたエグゼクティブ層に対するカウンセリングを行います
(3)クライアントへの面接設定および同席
…面接同席およびファシリテーション
(4)採用条件調整
…クライアント、候補者双方の納得できるミッション、報酬条件等の調整
(5)入社決定へのサポート
…条件提示とスムーズな入社意思決定へのサポート

■特徴:
安定的な評価制度の上に、やった分だけ正当に評価されるインセンティブ制度、人事制度をご用意しています。

【必須(MUST)】
・営業として高い業績を継続的に上げたご経験
・経営者に対する提案営業経験

【歓迎】
(1)人材紹介事業での法人営業またはキャリアコンサルタントのご経験(サーチ型・両手型のご経験尚可)
(2)経営者または上位管理職向けの営業経験
(3)コンサル経験(経営・組織・人事・IR)

仕事内容(詳細)

■業務内容
リクルーティングコンサルタントは顧客となる法人企業に対し、求人広告(メディア)だけでなく、様々な採用手法を提案し、長期的な採用成功にコミットするソリューション営業職です。
顧客の採用における課題を特定し、求人広告(メディア)・イベント・ダイレクトソーシング等、パーソルキャリアが持つサービスを提案していきます。
プランニングのみならず、導入後の改善も含めて、顧客が自ら採用を実現できるまでのサポートを行います。
30~80社前後の顧客を担当し、課題のヒアリングから行い、採用手法の提案~運用まで担当いただきます。※顧客数は配属部門によって異なります
顧客はパーソルキャリアで何かしらお取引のある企業が多く、既に社内に情報がある為、課題解決に重きを置いた仕事をして頂くことになります。
通常の求人広告(メディア)営業とは異なり、イベント、ダイレクト・ソーシング、外部と連携する企画サービスなどソリューションの幅が広い仕事です。

■仕事の流れ
顧客へのアポイント取得、ヒアリング、提案という流れで進め、サービス導入後の顧客フォローまで行います。
1日1~3件の商談を行い、月間30件前後商談していただきます。対面・非対面は顧客の特性やエリアによって使い分けています。
その他の時間は、提案資料の作成や、広告掲載中のデータ分析、チームやMGRとのMTGを行っています。

■やりがい・魅力:
①提案の幅が広い
dodaサービス以外にも、顧客の課題に応じたマーケットインの提案ができます。
・機能商材の提案(応募後の後工程に関するソリューション商材)
・ブランディング商材の提案(企業認知、ブランド構築のための企画商品) etc…

②他部署やグループ会社との連携が強い
求人広告の制作部隊も社内にあり、取材から掲載までを社内で完結させられます。スムーズな掲載が可能なため、スピード感を持って顧客のニーズに応えられる環境があります。
また、PERSOLグループ営業本部や他グループ会社(派遣やアウトソーシング領域)との連携も強く、定期MTGや合同提案を実施しています。

③顧客親密営業が可能
顧客への提案成果が自身の評価に直結します。
また売り上げと同等に、顧客の採用決定や満足度調査の結果が自身の評価に反映される為、売り上げ先行ではなく、本当に顧客の成果につながる提案を考える風土が根付いています。

④スキルアップを後押しする組織風土
ソリューション営業に必要な課題設定力・企画力・巻き込み力・データ分析力・開拓力・一連のHR知識等が身に着くことはもちろん、メンバー主体で業界全体状況の俯瞰(例:メーカー・IT・不動産などに分かれて、業界研究や課題抽出の実施)を行っています。
加えて、新規開拓や深耕営業の手法の研究、人事交流会の開催など、ノウハウやナレッジを共有するPJTが主体的に行われています。

■キャリアパス:
メンバーとして入社いただき、その後ブラザーやリーダー業務、アシスタントマネージャーを経験し、マネジャー・エキスパートといった管理職の道へのキャリアはもちろん、他部署へのキャリアチェンジができる”キャリアチャレンジ制度”を使って、Saas型のフィールドセールス職・カスタマーサクセス職や、人事・マーケティングなどのバックオフィスに挑戦するなど幅広いキャリアを築いていくことも可能です。

【必須要件】
・個人予算のある営業経験2年以上(法人個人不問)

【学歴】
・大卒以上

【歓迎(WANT)】
下記いずれかの経験を有する方 ※目安2年以上
・人材業界での法人営業(人材紹介・求人広告・派遣等)
・無形商材での法人営業(不動産・金融・IT・WEBサービス等)

パーソルキャリアの選考難易度

人材業界の中でも大手であり、知名度も高いため、転職先として人気が高く、社員の方も優秀な方が多く集まっています。そのため、選考難易度は高めと言えます。

パーソルキャリアの選考フローと対策

選考フロー

書類選考+アンケート
 ↓
1次面接(現場責任者)
 ↓
適性検査
 ↓
最終選考(現場統括責任者または役員)
 ↓
処遇面談

■選考ポイント:ご経歴の確認のみならず仕事に対するスタンスや想いを重視しています。適性に応じてパーソルキャリアグループの別ポジションを打診させて頂く事もございます。

■選考期間:書類提出から最終内定まで、2~3週間程度となります。

パーソルキャリアの選考は、状況に応じて変更になる場合はありますが、基本的に面接は2回行われます。また、ポジションによってはリファレンスチェックが行われる場合があります。

面接では、パーソルキャリアが掲げるビジョン「はたらいて、笑おう。」の実現を共に目指せる方か、その思考・志向を持っている方かを見られます。

また、選考を通して、一貫性・再現性・主体性を確認されます。

”一貫性”:「なぜ転職するのか」「今後どうなりたいか」などを深く掘り下げて考えているか、しっかりした転職軸があるのか。

”再現性”:これまでの経験をパーソルキャリアでどう活かせるか。

”主体性”:パーソルキャリアが自己変革力の高い組織作りをしているため、主体的に仕事を進めてきた経験や考えを持っているか。

質問は一般的なものが多いようですが、人物面・経験・考え方を確認するために、「なぜ?」「なぜ?」と深堀して質問されることが多い印象です。事前準備としては、まず自己分析をしっかり行い、これまでの経験を整理しましょう。その中で、特に、人生の転機(就職・転職・困難な状況など)にどう考えて、どう行動したかを言語化しておくことが大切です。

また、パーソルキャリアの経営理念・MISSION/VISION・行動指針への共感、VALUEを体現できる人か、も重要視されていますので、企業ホームページを確認し、よく理解しておきましょう。

キャリアビジョンについても質問されることが多いようです。これまでの経験を踏まえて、パーソルキャリアで活かせること、やりたいこと、目標を明確に話せるように準備しておきましょう。そのためにも企業分析・業界分析・職種理解は欠かせません。

パーソルキャリアの年収・給与

年代 平均年収
20代 400万円
30代 450万円
40代 600万円
50代 650万円

参照:転職会議

パーソルキャリアでは、給与はグレードによって決まり、評価制度は企業のMISSION、VALUEを軸に、目標達成だけでなく、VALUEの体現などの定性的な評価を行っています。

パーソルキャリアの福利厚生・制度

パーソルキャリア独自の制度・福利厚生
✔FLASH
社員の長期就業や持続的成長を支援することを目的とした人事制度です。キャリアプランやライフステージに合わせた柔軟な働き方ができるよう、はたらく日数・時間・場所・休業/休職を選択できるようになっています。
✔キャリアチャレンジ制度
ご自身のキャリアデザインとその成長のために、自発的に異動希望を出すことができる制度です。応募タイミングは年2回、5月と11月です。
オープンポジションは常時、社内ポータル・イントラネットに開示されています。
そのため応募まで、ご自身のキャリアプランに照らしてじっくり検討頂くことが可能です。
✔雇用切替制度
ご自身のキャリアデザインとその成長のために、自発的に雇用形態変更の希望を出すことができる制度です。雇用切替期は年2回、4月と10月です。
いわゆる総合職への登用や、それぞれの志向性に合わせたチャレンジが可能です。
✔複業制度
従業員の多様なはたらきかた・自律的なキャリア形成の一環として、複業制度を導入しています。
本業であるパーソルキャリアでの業務以外に、社外のさまざまな仕事を通じて、経験・スキルを身に着けていただき、キャリアアップ、本業に役立てていただく制度となっています。
定められた就業時間での勤務等、一定のガイドラインを満たした従業員がフローにのっとり申請し、承認された複業について、個人事業主等として就業することが可能です。
✔ベビーシッターサービス
通常のベビーシッターサービスの他に、病気の子供のケア、夕食づくりや掃除・洗濯などの家事サービス、保育所・病院への送迎など、育児・家事を幅広く特別価格にてサポートいたします。
✔クラブ活動(みんなの部活)
全社員を対象とし、業務以外でのつながりや部署を超えた交流を通して、社員同士のコミュニケーションがより活発になっていくことを目的に活動しています。
✔フリーアドレス
座席の柔軟性を高めることで、その日の気分や、その日の業務の内容によって座席を自ら積極的に選択し、自分なりの生産性の高いはたらき方を推奨しています。

グループビジョンである「はたらいて、笑おう。」の実現に向けたミッションとして「人々に「はたらく」を自分のものにする力を」を掲げています。そのミッションを推進するため、パーソルキャリアには、個々の成長を後押しする制度、ライフステージ、キャリアプランに合わせた働き方を可能にする人事制度があり、男女関係なく働きやすい環境と言えます。

パーソルキャリアの制度について詳しくは企業ホームページをご覧下さい。

パーソルキャリアの口コミ

女性 / CA

育児と仕事を両立している女性社員も多く、制度があるだけでなく実際に活用する風土が根付いていると感じた。また、子供がいることを理由に簡単な仕事しかアサインされないということはなく、育児中でも希望すれば責任ある仕事に挑戦することができる。

女性  /  営業

皆が意欲的で、成長マインドが高い。新卒も学生時代に色んな経験をした人が集まるため、新卒研修時から楽しい環境。中途社員も、自身の目標がある人が集まる為、社内では常に前向きな発言が飛び交っている。一方で働くことを強制する事もなく、休みたい時は休める環境。プライベートも充実出来るよう、上長からフォローがあります。

出典:enLighthouse

パーソルキャリアには志の高い優秀な方が多く、フラットで人間関係が良く働きやすいという意見が多く見られます。

福利厚生については、退職金や住宅手当はありませんが、成長を後押しする制度、教育制度が充実しているため、成長したいと考えている人にとっては最適な環境です。

パーソルキャリアのやりがい・社風・カルチャー

転職を考える際、企業のやりがい・社風・カルチャーを事前に調べておくことは、転職後のミスマッチを防ぐ上でとても重要です。転職後に「こんなはずでは…」とならないために、パーソルキャリアのやりがい・社風・カルチャーをご紹介します。

やりがい

・人と企業を繋ぐ社会貢献性の高いビジネスで、個人・法人双方へ価値提供できる点

・裁量が大きく、やり方も任せられるので、やりがい・成長実感がある点

人の人生、企業の成長・変革に関わるビジネスのため、やりがいを感じると実感される方が多いようです。

社風・カルチャー

パーソルキャリアは、比較的フラットで風通しがよく、ボトムアップの社風です。上下関係なく意見しやすく、新卒・中途も差別なく誰でも活躍の機会が与えられる環境ですので、成長意欲が高く、”変革すること”・”主体性”を楽しめる人におすすめです。

以上が重要なポイントのイメージです。

キャリアを捉えた丁寧な転職支援「キャリア経営パートナーズ」(転職相談受付中)

キャリア経営パートナーズは20代とキャリア層を対象に「転職して良かった」と言っていただける仕事を追求しており2014年に起業した会社です。

ブログの執筆者でありキャリコンサルタントでもある代表の坂本が自己分析、自己棚卸、書類作成、面接アドバイスなど二人三脚で親切丁寧に対応します。

他にも有名企業、IT業界やベンチャー企業への転職支援実績がありますので、お気軽にご相談いただければ幸いです。

キャリアを捉えた丁寧な転職支援「キャリア経営パートナーズ」

※転職支援実績

転職にお悩みの方へ

転職にお悩みの方がいらっしゃいましたら、
お気軽にご相談下さいね。
(転職ではなくキャリア相談をご希望の方も対応可能です。ご説明させて頂きます。)

以下をクリック↓↓メールで受付しております。

by キャリア経営パートナーズ