楽天グループ株式会社に転職したい!中途採用における対策ポイントや難易度、評判を徹底解説


企業別転職ノウハウ情報

◆楽天で働きたいけど大手だから選考が難しそう・・・

◆面接が苦手なので受かるポイントが知りたい・・・

◆楽天ってどんな雰囲気の会社なんだろうか?

今回は、楽天グループに転職を考えている方に向け、プロの転職エージェントでありプロのキャリアコンサルタントが、中途採用の選考の流れ、傾向と対策、年収、評判(口コミ)、カルチャーなどを詳しく解説します。

成長著しい有名企業の楽天は、転職市場でも大変人気があります。受かりたくても受からないという悔しい想いをされた方も多いでしょう。

だからこそ、これから楽天に転職をしたいという方を応援する為にも情報をまとめております。

私は人材業界で15年以上経験があり2014年には起業をして転職エージェント&キャリアコンサルタントとして転職やキャリアの相談を日々させて頂いております。

実績と経歴紹介記事:転職活動の伴走者(escort runner)坂本典隆/キャリア経営パートナーズ/転職支援実績

こちらの記事では楽天グループ会社の事、仕事内容の事、面接のポイント、面接の対策まで詳しくお伝えしております。是非、転職成功に向けて頑張って下さい。

このブログを書いた人


株式会社キャリア経営パートナーズ 
代表取締役 坂本 典隆

経歴:眼鏡業界で2社、人材業界で2社、2014年に起業して今に至る。人材業界では14年以上のキャリアがあり、日々、転職支援・キャリア支援に尽力。

取得資格:キャリアコンサルタント、 TCS「認定コーチングスキルアドバイザー」、CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)、経営者の軍師 認定コンサルタント(1級)

※転職支援実績

※当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています。

楽天グループの事業内容

楽天グループは、国内外において、Eコマースを中核に、トラベル、デジタルコンテンツ、通信などのインターネットサービス、クレジットカードをはじめ、銀行、証券、保険、電子マネーなどのFinTech(金融)サービス、さらにプロスポーツといった多岐にわたる分野で70以上のサービスを提供しています。

これらサービスを、楽天会員を中心としたメンバーシップを軸に有機的に結び付けることで、他にはない独自の「楽天エコシステム(経済圏)」を形成しています。

楽天グループの中途採用【求人情報】

様々なサービス・事業を展開する楽天は、持株会社である楽天グループ株式会社を中核に多数の子会社を傘下に有しているため、大きくコーポレート職、ビジネス職、エンジニア職、クリエイティブ職の4つに分かれ、更に様々な職種・ポジションに細分化され多数の求人が出ています。

今回はその中で、グループ人事統括部 人事企画部:人事企画担当(GHRD)について解説します。他にも多種多様な職種はありますので、スキルがある方は可能性が広がると考えます。(※2024年6月現在の募集内容です。最新の情報・詳細は楽天グループの企業ホームページをご確認ください)

グループ人事統括部 人事企画部:人事企画担当

仕事内容(詳細)

国内に限らず、グローバルでのビジネスの拡大や多国籍化といった社内環境、そして競合他社との競争力を高めるために、人事的側面からの組織強化をより強く推進していく必要があります。会社と社員が最大限成長できる人事戦略、制度構築をスピードを持って取り組み、人事強化を通して、当社を次のレベルへリードしていただける方を募集します。

※この求人ではジュニアスペックの募集を行っていません。

業務内容
・グローバルガイドライン・ポリシー設計のための情報収集
・分析・制度設計の企画・その他、企画業務全般
・その他、特命業務
※チーム内での業務PJTおよび、チームを超えて部署などで実行するPJTへの参加やプロジェクトマネジメントをお願いする事もあります。

【必須要件】
・事業会社での人事業務経験
・もしくは人事分野でのコンサルティング経験(いずれも実務経験3年以上)
・TOEICスコア800以上の英語力

【歓迎要件】
・課題設定、問題解決スキル
・ロジカルコミュニケーションスキル
・コンサルティングファーム出身者歓迎

【求める人物像】
・ある情報を元に問題・課題を整理し、スピード感を持って施策を実行することにやりがいを感じる方
・データから傾向や施策提案を行うことが好きな方
・社内外にアンテナを張り、常に新しい情報収集ができる方
・従業員、会社、双方の立場で物事を考えることができる方
・相手の立場になり、バランスよくコミュニケーションが取れる方

楽天グループの選考難易度

2022年度「今、入りたい会社ランキング」で堂々の1位である人気企業、楽天グループの転職難易度は高めと言えます。

様々な職種、ポジションで多数の求人が出ている楽天ですが、未経験者の採用はほぼ無く、同職種または同業種での一定の経験が必要になります。

海外展開にも積極的で、世界中から優秀な人材が集まる楽天では、Englishnization(社内公用語英語化)を取り入れており、中途採用においてもほぼ全ての職種で、TOEICスコアが800点以上必要という高い英語力が求められます。

楽天グループの選考フローと対策

選考フロー

書類選考→ 面接3回予定→内定

※面接回数などの選考プロセスは場合によって、変更の可能性があります。
※選考プロセスの中で、ご応募いただいた方のバックグラウンドチェック(履歴・賞罰などの調査)をご本人の同意を得たうえで行う可能性があります。

楽天の面接では、楽天のカルチャーにマッチするかを確認する質問が多数見受けられます。

楽天では、楽天グループの価値観・行動指針である「楽天主義」を共通言語として、何事をも成し遂げようとする高い志のあるアントレプレナーシップ(起業家精神)を大切にしています。

楽天主義への理解・共感が面接でも重要なポイントになりますので、いきなり応募するのでは無く、まずは三木谷社長の著書を前もって読んでおく、企業ホームページでカルチャーをよく理解するといった企業を知ることからはじめます。

次に自己分析に落とし込み、楽天主義を構成する「ブランドコンセプト」「成功のコンセプト」のうち、「成功のコンセプト」に自身が合致する人材であるとアピールできるように面接練習をしておくと良いでしょう。

また、「なぜ楽天に転職したいのか?」といった質問をされることもよくあるようです。楽天についての理解、業界・職種の理解に加え、競合企業の研究もしておくと志望動機をより明確にすることができます。

英語スキルも重要なポイントになります。

面接の中で英会話力を確認する質問をされたり、英語公用化について意見を求められるといったカルチャーの理解・見解を確認する質問もありますので、事前の準備が重要です。

楽天グループの年収・給与

 2021年度 有価証券報告書より
 平均年収  7,741,773円
 平均勤続年数  4.7年
 平均年齢  34.3歳

楽天の平均年収はおよそ775万円と、高い給与水準となっています。

楽天では、コンピテンシー(仕事のプロセスにおいて社員が発揮した能力)とパフォーマンス(残した結果)を基に半年に1回評価が行われ、月額給与と業績賞与が決まります。

明確な評価、格付けにより、結果を出している社員であれば、それだけ評価・年収が上がることになります。

楽天グループの福利厚生・制度

楽天グループ独自の福利厚生

仕事と育児・介護の両立支援サポート

仕事と育児の両立支援サポートとしては、社内託児所やマザーズルーム(搾乳室)の設置、病児ベビーシッター法人との契約、オープンファミリーデーの実施等の施策を行っています。また、女性の活躍支援としては、ワーキングペアレンツネットワーク構築、各種セミナー(産休前セミナー、復職前セミナー)の実施、育児休業中の従業員向けニュースレター配信などを実施してます。

各種サービス(本社)

・カフェテリア(朝食・昼食・夕食無料)

・ライブラリ(個人学習スペース)

・コンビニエンスストア

・クリムゾンクラブ(有料レストラン)

・フィットネスジム
「Rakuten Fitness Club &Spa」(有料)

・ヘアサロン「Rakuten Hair Salon」(有料)

・ランドリーサービス
「Rakuten Cleaning」(有料)

・マッサージ&鍼「HARI-UP」(有料)

その他の制度・環境について詳しくは、企業ホームページをご覧下さい。

楽天グループの口コミ

男性 / 営業

とにかくスピード重視の会社。若くて勢いがあり、常に挑戦が求められるので成長機会は多い。やる気がある人はどんどん伸びるが、その意欲に欠けている場合はただ辛い。

女性 / 人事

ママ社員も多く産休育休からほぼ皆戻って来てるように思う。仲間も多く同世代社員も多いので働きやすいと思う。

 

男性 /WEBディレクター

企業カルチャー・社風:グローバルな多様性、日本企業らしい泥臭さ、いい意味で融合していると思います。

組織体制・コミュニケーション:部署によっては意外なほどに英語使わないです。

出典:エンライトハウス「楽天株式会社の口コミ・評判」

男性女性関係なく、役職に就いたり、仕事をしている会社です。産休育休の取得率も約96パーセントと非常に高く、時短勤務で仕事と育児を両立する方も多いようです。

英語を社内公用語とし英語力が必須の楽天ですが、所属する部署(日本人ばかりの部署か外国人のいる部署か)によって英語の使用頻度はまちまちで、会社全体で、コミュニケーションとして常日頃英語を使うわけでは無いようです。

楽天グループのやりがい・社風・カルチャー

転職を考える際、企業のやりがい・社風・カルチャーを事前に調べておくことは、転職後のミスマッチを防ぐ上でとても重要です。転職後に「こんなはずでは…」とならないために、楽天のやりがい・社風・カルチャーをご紹介します。

やりがい

・若手でも様々な仕事を任せてもらえる、マネジメント経験も積みやすい環境です。

・スピード重視の会社ですので、瞬発力・柔軟性が鍛えられます。

・人々の生活に影響を与えられるようなサービス・事業を多数展開していますので、そういった点でもやりがいを感じられそうです。

社風・カルチャー

変化が激しいIT業界でトップ企業として走り続ける楽天において、スピード感はかなり重要視されます。また、トップダウンの色が濃く、比較的体育会系、営業などの部署では目標必達、数字のコミットが求められるようです。

以上が重要なポイントのイメージです。

登録しておきたい転職エージェントについて

転職エージェント活用も転職活動で有効的に使って頂ければと感じております。その際に、あまりにも転職エージェントを使いすぎて整理が出来ずにごちゃごちゃになる方もおられます。そうなると逆に非効率になるので、複数を比較検討をしつつ、コンサルタントの方の対応レベルや相性など、総合的に判断してマッチしている3社程に絞って動く事もお勧めです。

◆20代の若手の方へお勧めの転職エージェント

総合型の転職エージェントが主で、未経験からの挑戦、経験が浅い未経験やフリーター、学歴が厳しい方など、自分の経験にコンプレックスや自信が無い方など、幅広いキャリアの方に対応可能性がある20代の若手対象のエージェントとなります。複数登録をしてご自身と相性の良い企業で3社程に絞る形がお勧めです。

キャリアパーク就職エージェント
→既卒・第二新卒をメインに20代専門の就職エージェントとしてスピード感をもって内定獲得へのサポート。「求人紹介」「面接対策」「履歴書・エントリーシートの添削」「企業からのフィードバック情報」の支援を実施。

リクルートエージェント
→全国展開で求人数が圧倒的に多く知名度が高い転職エージェントとして一旦、登録をしておいて相談をしてみるという方が多いです。求人目当てに登録するイメージです。全国的に網羅している大手だからこそ、依存をし過ぎずに上手く活用していけばメリットもあると考えます。

第二新卒エージェントneo
→20代に特化しているからこそ、若さや可能性を活かすことが出来ます。第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援。注力エリアや拠点イメージは(新宿/大阪/名古屋/福岡)です。

ツナグバ
→20代、第二新卒などに強みを持つ若手の転職支援を主に行っている転職エージェント。書類作成や面接対応等の細やかさも特徴。大手のエージェントだけではなく並行して活用されると良さも感じられると思います。

WorkHive
→IT業界を中心に未経験の求人は全体の約8割。未経験から正社員デビューなど、経験に自信が無い方にお勧め。未経験者でも可能な幅広い選択肢の中から提案をして頂けるのでキャリアに迷っている方にもマッチします。

ハタラクティブ
→「20代をメインとした若年層の就職・転職」の支援を展開。「フリーター」「既卒」の方など、「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」をメインに取り扱っている転職エージェント。

えーかおキャリア
→20代でフリーター等で社員を目指したい方、仕事への意欲が高くて転職活動で苦戦している方などを手厚くサポート。手厚くマンツーマンサポートを行う等、大手エージェントと比較して活用すると違いを感じて頂けると思います。

ユニゾンキャリア
→20代で未経験からITエンジニアを目指す方の転職を、IT業界を知り尽くしたキャリアアドバイザーが、エンジニアのキャリアプランや給料面なども包み隠さずお伝えし、業界・職種理解~入社後までサポートする点も魅力。

◆業界特化型の転職エージェント等、経験を活かしたいキャリア層の方へお勧めの転職エージェント

株式会社MS-Japan:管理部門特化型の転職エージェント
→経理・財務・人事・総務・法務・会計事務所・弁護士・公認会計士・税理士などに特化した転職エージェントです。関東・東海・関西の主要都市を中心に、大手上場企業、外資企業、優良ベンチャー企業、または会計事務所、監査法人、法律事務所、金融機関等。

Back up Career(Mirise up株式会社):事務職などのバックオフィス業務特化型の転職エージェント
→20代、30代の方々のご相談が多い転職エージェントで無料で提供している「仕事適性診断」も好評。人事、経理、法務、ITサポートなどのような部門を求人として扱っているエージェント。

アクシスコンサルティング株式会社:コンサルティング業界特化型の転職エージェント
→コンサルティング業界との強いパイプにより非公開求人の保有割合も多く、キャリアコンサルタントは、コンサルティング業界やIT業界の出身者などで構成され、業界を熟知している点も魅力です。

ヤマトヒューマンキャピタル(ヤマトヒューマンキャピタル株式会社):経営×ファイナンス業界特化の転職エージェント
→M&A、PEファンド、事業再生、ベンチャーキャピタルやコンサルタントなど経営人材やファイナンス専門職に特化した領域での転職支援サービス。

レバテックキャリア(レバレジーズ株式会社):IT/Web業界特化の転職エージェント
→ITエンジニアが利用したい転職エージェントとして豊富な求人数を誇るエージェント。人材業界大手だからこその手厚いサポートでIT業界で案件を見てみたい方にはお勧めです。

ツギノシゴト【マーケ】(株式会社ツギノテ):デジタルマーケティング経験者特化型の転職エージェント
→デジタルマーケティング経験者の支援に特化。デジタルマーケティングに精通したプロマーケターが、求職者様のご経験をじっくりヒアリングさせていただき、ご要望に沿った求人を紹介する転職支援サービス。

【宅建Jobエージェント】(株式会社ヘイフィールド):不動産業界特化型の転職エージェント
→不動産業界に精通したプロのアドバイザーが担当。非公開求人を含む3,000件以上の求人情報を保有し、給与条件の交渉や面接対策もお任せできます。

ブライダルビズ(株式会社ブルークレール):ブライダル業界特化型の転職エージェント
→経験を活かして未経験からも転職成功の方々も多数。非公開求人を含む5000件以上の全国のホテル・結婚式場・ドレスショップ・ブライダルサロンの求人を保有している転職エージェント。求人サイトで見つけることができない求人も保有している点も魅力。キャリアアドバイザーの丁寧で細やかなサポートは大手にはない強みの1つ。

飲食の転職(株式会社ブルークレール):飲食業界特化型の転職エージェント
→企業内で複数の業界特化型の転職エージェント事業を行っているのでプライダル以外に飲食業界にも強みのある支援を実現。全国のレストラン・カフェ・居酒屋・飲食店・給食調理の求人を保有している転職エージェント。キャリアアドバイザーは、外食業界出身の豊富な経験者。上場企業の元営業部長から、SV経験者、人事部長までの経歴者が所属

ビーバーズ(株式会社ビーバーズ):建設業界特化型の転職エージェント
→全国の豊富な求人を保有をしており建設業界に特化した転職支援サービス。しあわせを大事にする働き方”をモットーに建設業で転職する方に対し収入アップやキャリアアップはもちろん、様々なワークスタイルの求人を提案し満足度の高い転職サービスを提供。

その他の情報について(コミュニケーション能力向上やスキルアップ等)

【コミュトレ】実践形式のビジネススクール
→コミュニケーション能力や伝える力を磨くスクール。例えば上司への報告・説明力、人間関係を築く話し方、会議での論理的な話し方、営業で成果をあげる話し方など、ビジネスシーンで活かせるスキルアップへ。

キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】
→キャリア版のライザップとして有料のキャリア・コーチングサービスを展開して着実に成長中。一番、知名度が高いサービス。

退職代行サービスの参考情報

【退職代行モームリ】
→弁護士監修の適正業務、労働組合が運営している為、会社に対しての交渉が出来る、株式会社アルバトロスが管理等の安心ポイントがあるサービスです。

【弁護士法人みやびの退職代行サービス】
→弁護士法人が対応する安心感と無料相談からのスタートが出来るので他社と比較をして検討する事も可能。

精神的に辛く人間関係に悩んでいる時の参考情報(有資格者のカウンセリング等)

オンラインカウンセリング【かもみーる】
→24時間以内に悩みを専門家に相談することができます。医師監修のカウンセリングサービスとなり、有資格者のみが在籍するカウンセリングサービスという点も安心です。

オンラインカウンセリングサービス【URARAKA(ウララカ)】
→臨床心理士や社会福祉士などの専門家に気軽にオンライン相談・カウンセリングが受けられるサービスです。通常のカウンセリング以外に、メッセージ、ビデオ/電話相談等の手段がある点も特徴です。

アドラー心理学検定1級講座
→日常生活や仕事においての人間関係にも活かせる内容。①自分や家族の心のケアに②アドラー心理学を仕事で生かす(人間関係など)③セルフメディケーションの普及活動(健康社会に向けて)等が特徴。

※今後、魅力的な情報が入った際に追加でご紹介をさせて頂きます。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。あなたにとっての、一つの参考にしていただければ幸いです。

個人で転職活動をされている方、転職エージェントを使っている中でセカンドオピニオンを求めている方へ(各種有料支援)

株式会社キャリア経営パートナーズでは、自己分析・自己理解の支援や個人で転職活動をしている方、転職エージェントを活用している中でサポートやセカンドオピニオンが必要な方等の様々な有料サポートをしております。(代表の坂本が対応致します)

特にお一人での転職活動は不安がつきものです。孤独との戦いを頑張っている方と伴走しつつご支援をしております。また、転職エージェント様を活用しているが、サポートが無かったり不安がぬぐえない方のご支援も増えてきております。求人紹介は問題ないが支援スタイルに課題があるエージェント様の場合、ご相談が入る事が多いと感じています。

自己理解、面接練習、職務経歴書作成支援、内定承諾前のお悩み相談会、仕事人生のお悩み相談会、転職後のサポート(1ヶ月、2ヶ月)、オンラインセミナー等もお気軽にご相談下さい。色々なプランの中から最適なサービスを選んで頂ければ幸いです。

※各種支援サービスの紹介ページ
※キャリア相談ページ

転職支援・キャリア支援体験談(アンケート)

以下をクリックしていただければアンケート画面にリンクしております。

 

by キャリア経営パートナーズ