面接で聞かれる事への答え方で迷って失敗する方の改善方法3点を解説


キャリアコンサルタントが語る『転職ノウハウ』

転職活動における面接での答え方、伝え方が苦手な方は・・・苦労されるかと思います。

そんなつもりは無かったのに相手には違った解釈で取られて不採用。

悔しいですよね。

面接において、一言、一言は本当に重みがあると感じております。

日々の転職支援において、採用の合否に関わらないミスと、直結するミスを見てきましたし、私自身も過去にありました。

私は人材業界で15年以上経験があり2014年には起業。転職エージェント&キャリアコンサルタントとして転職やキャリアの相談を日々させて頂いております。最近は転職エージェントを使わずに個人で転職活動をされる方も多く、様々な有料サポートも好評です。自己分析・自己理解の支援、面接練習、職務経歴書作成支援、内定承諾前のお悩み相談会、転職後のサポート(1ヵ月、2ヶ月)等もお気軽にご相談下さい。※詳細情報やお申込みはコチラ

実績と経歴紹介記事:転職活動の伴走者(escort runner)坂本典隆/キャリア経営パートナーズ/転職支援実績

20代、30代、40代の転職活動の進め方と登録しておきたい転職エージェントのご紹介等

オンラインセミナー開催/転職成功に必要な心構えシリーズ

YouTube運営動画チャンネル:悔いの無い転職&キャリアチャンネル

今回のブログではそんな当たり前に見えて・・・意外にやってしまうポイントをご紹介致します。ポイントは3つ。

仕事を辞めたいなと感じた時に冷静な判断をしませんか?

※当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています。
 

(1)自分の言った内容が、違った内容で伝わる事もある

面接の本番において、質問が色々な角度から飛んできます。

そして、その対応をしていると、反射的に答えた言葉が、意図しない内容で相手に伝わって理解される事もあるという事です。

多少のミスであれば、採用の合否には影響しませんが・・・

相手が採用する際に、重要視している「キーワード」に反応してしまえば、「不採用」という判断に繋がる事があります。

例えば・・・組織において経営者を筆頭にマネジメントの階層が明確で、リーダー主導での組織体制を重要視している会社の面接において、「経営者やリーダーの指示や方針に従わない人材である」と捉えられると会社としてはミスマッチになる事もあります。

あなたは、主体的に仕事をしたいという想いがあり、その想いを伝えたい時に、経営者の言う事が全てではないので・・・というような言葉を発したり、トップダウンの組織では働きたくない・・・という話をしたりすると・・・どうなるか想像つきますよね?

企業の組織を捉えつつ理解をしていきながら主体的な動きが出来る点やしたい点をアピールしていけば流れは崩れなかったかもしれません。

このように、本人はそんな事言いたいわけでは無い、という場面でも緊張や焦りから間違った言葉が出てくることも実際にあります。

(2)やってしまった・・・と感じた時には、どうしたら良いのか?

誰でもミスはありますし、言葉として失敗した内容を言ってしまった時、そして、その内容が致命的だと感じた際には挽回は可能です。

会話の流れがおかしくない所や質問コーナーの手前で、「1点、お伝え間違えた内容がございます。」「1点、訂正させて頂きたい事がございます。」という切り口で・・・

相手にお伝えする事。

上手く繋げていけば双方の誤解が解ける場合もあります。

冷静ではないかもしれないので、面接中に気付かない場合もあるかと思いますが、少し、ドキッとした返答で気になる事があれば、言っておいて損は無いと考えます。

それを言わなければ、相手が誤解して理解している可能性もあります。

例えば当社のような転職エージェントであれば、面接後にお話をお聞きして面接のお礼のメールに言い間違いを補足してカバーする事もあります。

簡単ではないですが、常日頃から、言葉を大事にする意識を持っていれば、一言一言に魂が宿って、ミスも少なくなるかもしれませんね。

(3)具体的に・・・間違って言いそうな内容とは?

・自分自身の力で結果を出して評価されたいから転職を決意しました⇒協調性が無いのでは?チームワークは向いていないのでは?

・経営者が全て正しいという会社では働きたくない⇒組織での仕事には向いていないのでは?会社の和が乱れるのでは?

・前職は、いつでも、すぐに辞める事ができます⇒今の仕事に無責任に対応しているのか?会社から必要とされていないのか?

・質問は、色々と詳しくお話いただいたのでありません。⇒質問を用意していないのか?当社への志望度が低いのでは?

・私は、人に指示されて動くのは嫌いで主体的な人間です。⇒主体的はいいけど、極端すぎるタイプでは?

※他にも色々とあると思います。面接前に考えてみる事も必要かもしれません。

参考動画:【転職の最終面接】落ちる人の特徴と転職成功への秘訣

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。あなたにとっての、一つの参考にしていただければ幸いです。

20代の若手の方へお勧めの転職エージェント

総合型の転職エージェントが主で、未経験からの挑戦、経験が浅い未経験やフリーター、学歴が厳しい方など、自分の経験にコンプレックスや自信が無い方など、幅広いキャリアの方に対応可能性がある20代の若手対象のエージェントとなります。複数登録をしてご自身と相性の良い企業で3社程に絞る形がお勧めです。

リクルートエージェント
→全国展開で求人数が圧倒的に多く知名度が高い転職エージェントとして一旦、登録をしておいて相談をしてみるという方が多いです。求人目当てに登録するイメージです。全国的に網羅している大手だからこそ、依存をし過ぎずに上手く活用していけばメリットもあると考えます。

第二新卒エージェントneo
→20代に特化しているからこそ、若さや可能性を活かすことが出来ます。第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援。注力エリアや拠点イメージは(新宿/大阪/名古屋/福岡)です。

ツナグバ
→20代、第二新卒などに強みを持つ若手の転職支援を主に行っている転職エージェント。書類作成や面接対応等の細やかさも特徴。大手のエージェントだけではなく並行して活用されると良さも感じられると思います。

WorkHive
→IT業界を中心に未経験の求人は全体の約8割。未経験から正社員デビューなど、経験に自信が無い方にお勧め。未経験者でも可能な幅広い選択肢の中から提案をして頂けるのでキャリアに迷っている方にもマッチします。

ハタラクティブ
→「20代をメインとした若年層の就職・転職」の支援を展開。「フリーター」「既卒」の方など、「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」をメインに取り扱っている転職エージェント。

えーかおキャリア
→20代でフリーター等で社員を目指したい方、仕事への意欲が高くて転職活動で苦戦している方などを手厚くサポート。手厚くマンツーマンサポートを行う等、大手エージェントと比較して活用すると違いを感じて頂けると思います。

ユニゾンキャリア
→20代で未経験からITエンジニアを目指す方の転職を、IT業界を知り尽くしたキャリアアドバイザーが、エンジニアのキャリアプランや給料面なども包み隠さずお伝えし、業界・職種理解~入社後までサポートする点も魅力。

業界特化型の転職エージェント等、経験を活かしたいキャリア層の方へお勧めの転職エージェント

株式会社MS-Japan:管理部門特化型の転職エージェント
→経理・財務・人事・総務・法務・会計事務所・弁護士・公認会計士・税理士などに特化した転職エージェントです。関東・東海・関西の主要都市を中心に、大手上場企業、外資企業、優良ベンチャー企業、または会計事務所、監査法人、法律事務所、金融機関等。

Back up Career(Mirise up株式会社):事務職などのバックオフィス業務特化型の転職エージェント
→20代、30代の方々のご相談が多い転職エージェントで無料で提供している「仕事適性診断」も好評。人事、経理、法務、ITサポートなどのような部門を求人として扱っているエージェント。

アクシスコンサルティング株式会社:コンサルティング業界特化型の転職エージェント
→コンサルティング業界との強いパイプにより非公開求人の保有割合も多く、キャリアコンサルタントは、コンサルティング業界やIT業界の出身者などで構成され、業界を熟知している点も魅力です。

レバテックキャリア(レバレジーズ株式会社):IT/Web業界特化の転職エージェント
→ITエンジニアが利用したい転職エージェントとして豊富な求人数を誇るエージェント。人材業界大手だからこその手厚いサポートでIT業界で案件を見てみたい方にはお勧めです。

ツギノシゴト【マーケ】(株式会社ツギノテ):デジタルマーケティング経験者特化型の転職エージェント
→デジタルマーケティング経験者の支援に特化。デジタルマーケティングに精通したプロマーケターが、求職者様のご経験をじっくりヒアリングさせていただき、ご要望に沿った求人を紹介する転職支援サービス。

ブライダルビズ(株式会社ブルークレール):ブライダル業界特化型の転職エージェント
→経験を活かして未経験からも転職成功の方々も多数。非公開求人を含む5000件以上の全国のホテル・結婚式場・ドレスショップ・ブライダルサロンの求人を保有している転職エージェント。求人サイトで見つけることができない求人も保有している点も魅力。キャリアアドバイザーの丁寧で細やかなサポートは大手にはない強みの1つ。

飲食の転職(株式会社ブルークレール):飲食業界特化型の転職エージェント
→企業内で複数の業界特化型の転職エージェント事業を行っているのでプライダル以外に飲食業界にも強みのある支援を実現。全国のレストラン・カフェ・居酒屋・飲食店・給食調理の求人を保有している転職エージェント。キャリアアドバイザーは、外食業界出身の豊富な経験者。上場企業の元営業部長から、SV経験者、人事部長までの経歴者が所属

ビーバーズ(株式会社ビーバーズ):建設業界特化型の転職エージェント
→全国の豊富な求人を保有をしており建設業界に特化した転職支援サービス。しあわせを大事にする働き方”をモットーに建設業で転職する方に対し収入アップやキャリアアップはもちろん、様々なワークスタイルの求人を提案し満足度の高い転職サービスを提供。

その他の情報について(コミュニケーション能力向上やスキルアップ等)

【コミュトレ】実践形式のビジネススクール
→コミュニケーション能力や伝える力を磨くスクール。例えば上司への報告・説明力、人間関係を築く話し方、会議での論理的な話し方、営業で成果をあげる話し方など、ビジネスシーンで活かせるスキルアップへ。

キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】
→キャリア版のライザップとして有料のキャリア・コーチングサービスを展開して着実に成長中。一番、知名度が高いサービス。

転職エージェントのコンサルタントによって支援内容や支援のレベルはバラバラです。中には書類選考に向けて職務経歴書等のアドバイスが丁寧なエージェントもあれば、アドバイスが全く無くてそのままのエントリー・・・というエージェントもあると聞く事が多いです。

大事な事は、自分の強みを伸ばして弱みをカバーできる担当者選びですね。合わないと思ったら担当を変える事もお勧めです。

是非、いくつかの転職エージェントに相談をして相性の良いコンサルタントと出会えることを願っております。

個人で転職活動をされている方、転職エージェントを使っている中でセカンドオピニオンを求めている方へ(各種有料支援)

自己分析・自己理解の支援や個人で転職活動をしている方、転職エージェントを活用している中でサポートやセカンドオピニオンが必要な方等の様々な有料サポートをしております。

自己理解、面接練習、職務経歴書作成支援、内定承諾前のお悩み相談会、仕事人生のお悩み相談会、転職後のサポート(1ヶ月、2ヶ月)、オンラインセミナー等もお気軽にご相談下さい。色々なプランの中から最適なサービスを選んで頂ければ幸いです。

※各種支援サービスの紹介ページ

転職にお悩みの方へ

転職にお悩みの方がいらっしゃいましたら、
お気軽にご相談下さいね。
(転職ではなくキャリア相談をご希望の方も対応可能です。ご説明させて頂きます。)

以下をクリック↓↓メールで受付しております。

転職支援・キャリア支援体験談(アンケート)

以下をクリックしていただければアンケート画面にリンクしております。

by キャリア経営パートナーズ