仕事を辞めたい。転職支援プロが解説!人間関係や感情コントロール方法

キャリアコンサルタントの『心に光が灯るblog』

仕事に行きたくない。
行こうとすると吐き気もするから早く転職したい。
そんな気持ちになる事もあるかもしれません。

仕事とは楽しいもの。本来はイキイキと働きたい。そういった想いがある中で辛くて苦しい時期は何とも言えない心と気持ちだと思います。

転職エージェントやキャリアコンサルタントとして多くの方々の支援をさせて頂いた中で培った経験をもとに解決に向かって動けるブログをまとめさせて頂きました。

辛い中で次に繋げる対処法について是非、最後までお読みいただければ幸いです。

転職したけど失敗して辞めたい。

仕事に行きたくないサインって何かありますか?

仕事に行きたくない時って色んな変化が自分に訪れますよね。休み明けが憂鬱になって、結局楽しめずに休みがあっという間に終わる事もあると思う。

食欲が無くなったり無気力になったり、何となく気持ちが盛り上がらない状態が続いてしまう。何とか出勤するぞと覚悟を決めて通勤電車に乗って会社に近付くと胃が痛くなったり、お腹の調子が崩れる事もあるかもしれない。

そういった状態と毎日付き合う事は本当に大変だし、辛くてやめたくなってくる。

こう見えて私も辛い時代を過ごしたことがあって、電車を降りて駅から向かう時に足がなかなか向かなかったりため息が出たり・・・

そういった時って休み明けが憂鬱だったし、連休があったとしたら最初の1日は楽しめるんだけど、最終日は次の日の事を考えてなかなか楽しめなかった事もあった。お酒を飲んで気持ちを紛らわそうとした事もあったかな。

どうして・・・そうなってくるのか?

会社に行きたくないという気持ちはいつからなるのか?どうしてなるのか?は答えは無いかもしれません。ストレスを感じるレベルは個人でも違っているので、同じ出来事や環境であっても大丈夫な方は大丈夫ですし、無理な方は無理になるものです。

・人間関係が悪く合わない人が多い。
・仕事の結果が出なくてどうしようもない。
・急な異動があって新しい部署に来たばかり。
・家庭環境で変化があって大変な時期だ。
・クレーム対応がなかなか終わらない。

他にもありますが、仕事を通じて感じる事や家庭を通じて感じる事等、細かい内容をあげるとバラバラになると思います。良く人間関係がというキーワードは出てきますが、誰がという部分は千差万別です。

それだけ人間関係は多岐に渡っているんだなと感じています。そして、突発的に発生する事もあるから防ぐことも難しい。

転職後に辞めたいと思う理由

私自身、3回の転職経験がありますが、自分が体験したことやその時に入社をしてきた同僚や後輩等の理由も踏まえると以下のように沢山のキッカケがあったと感じております。

・人間関係が上手くいかない
・分からない事が多すぎる
・新卒と中途の差を感じてしまう
・入社前の想像と入社後のギャップが激しい
・覚える事が多すぎてキャパオーバーになる
・仕事で結果が出ない
・前職でやっていた事を全否定された
・直属の上司と考え方が全く合わない
・嫌われているように感じる先輩がいる

他にもありますが、転職をした事がある方は、思い当たる内容がいくつかおありなのではないでしょうか。

感情から突発的に退職しない為にどうしたら良いのか?

退職を決める時に 人は感情が絡んでいる事がある。

そして後悔する前に、どのように感情と向き合うかを 参考にご紹介させて頂きます。何か嫌な事が仕事であったり・・・

理不尽な事が積み重なったり、正当な評価を得られなかったり、人間関係でトラブルを起こしたり、仕事を辞めたいと思う時には感情的な部分が発生していることがある。

勿論、計画的に退職をして次の会社で活躍される方も多くおられるけど、突発的に退職をしたくなるという事で失敗をしてしまう事を少しでも防いで頂きたいと思う。

その為に、今日は、感情が出てきた時にどうすれば良いのか?完結に動画にまとめているので一つの参考にして頂ければと思う。ポイントはクールダウンと相談をする事。

「もう嫌だ!」「最悪な会社だから辞める!」感情が盛り上がってしまうと突発的に行動をしてしまって冷静な判断ができない事もあると思います。

そして、熱くなっていると周りが見えなかったり他の人の声に耳を傾けなかったり・・・

後で後悔する事もあると思います。退職をしてから「戻りたいです。」このセリフはなかなか言える事ではありません。だからこそ、会社を辞めるという鼓動をする時には後悔をしない決断をする事が重要です。

シンプルなんだけどこの辺りをおさえて頂ければ少し冷静な自分で判断ができる状態になれると思う。人生で退職という行動は何回しかない。だからこそ、失敗するというよりはご自身の想いで悔いのない決断を下して欲しいですね。

対処法

・人間関係で悩んでいる場合には、相手の長所を見ていく習慣を身に付けると少しは違うと感じます。

私自身、1回目の転職は眼鏡業界の店長職から、眼鏡業界のSV(スーパーバイザー)職へのキャリアアップというかキャリアチェンジになります。個人のお客様相手やマネジメントがメインの店長職から眼鏡店を経営されている社長様がメインのお客様となります。

業界では4年半のキャリアがありますが、全くの未経験職種となるので、仕事を覚える事で最初は必死でした。優しい先輩もおられますが、怖い先輩も存在し、凄く強い当たりを感じる事もあってしんどいな・・・そんな気持ちを抱えての出勤を繰り返すこともありました。

そこで思ったのは合う人と合わない人は正直、存在しているけど・・・合わない人も何か良い所や仕事へのこだわりをお持ちではないのか?その点を見てみようと気持ちを切り替えました。

そうすると私の姿勢も相手に関わる中で何かを得ようという積極的な姿勢に少し変化をしていきました。ここから、苦手な人でも良い部分や学べる部分を素直に見ることができ、仕事をしながら相手との関係性も良くなってきたと感じております。

・選択肢を多く用意する事が大事です。

人によって考え方はバラバラだと思いますが、入社後に早期離職をする事が悪であるとは私は思いません。私の友人で凄く人柄も良く、コミュニケーション力も高い人でも職場に行こうとすると体調が悪くなって・・・通勤途中の橋を越える事が出来なかった。

そんな事を経験している人もいるので、身体に不調をきたすような合わない環境であれば環境を変えて心機一転頑張るという選択肢はありだと思います。

同時に転職において3ヶ月は死にもの狂いに頑張るという姿勢は大事だと思いますので、判断軸にして欲しいのは、「自分の体調面と精神面」が問題ないかどうか?このことは自分との対話の中で大事にされると健康を害する手前で行動が出来ると考えます。

大事なのは、絶対に続けないといけない・・・とか、短期で辞めたら次の会社に転職できない・・・という狭い視野で物事を考えないという事です。選択肢は無限に存在をしていますし、続けても良いし辞めても良いし、相談して改善を求めても良いし、誰かに助けてもらっても良い。

自分の努力とその周りのサポートで転職後の仕事は良い流れになるものだと私は感じております。

健康であればやり直しはできる!自分を大切にして自分を労わって仕事に向き合い、決断をしていくことが中長期的に考えるとベストだと考えます。このバランスを上手く取れるようになると転職をしても良い意味で困難を楽しめるタフさを身に付ける事も出来ます。

転職回数が多くなったら心配だ・・・そのような気持ちもあると思いますが、私は3回転職をしております。その中で2ヶ月で辞めようと上司に相談をした経験もあります。

実際は、4年半⇒2年⇒2年⇒5年⇒起業して今 という流れですが転職回数は気にしなくなりました。それよりも中身で勝負。自分の力を最大限に発揮して良い経験を積むことが出来れば、それが次のキャリアを描く力に変わると私は考えます。

あなたも悩んでいると思いますが、悔いのない決断をして頂ければ幸いでございます。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

転職にお悩みの方がいらっしゃいましたら、
お気軽にご相談下さいね。
(転職ではなくキャリア相談をご希望の方も対応可能です。ご説明させて頂きます。)

以下をクリックしてメールで受付しております。

キャリア経営パートナーズを活用する事で得られるメリットをご紹介

書類審査の通過率が上がります。

なぜ書類が落ちるのか?その理由はたくさんありますが、採用責任者にそもそも届いていない可能性があります。あなたが採用責任者であれば、その書類を見てどう感じるのか?少し、そういった観点も持てるようになってきます。また、転職エージェントの当社を活用する事であなたの想いや人柄もプラスして伝えていきます。

面接で聞きにくい事も事前にクリアにできます。

今までこんな事はないですか?「休みはちゃんと取れるのかを聞いておけば良かった。」「実際の退社の時間は何時になるのだろうか?」「強制的な飲み会は無いのか?」私達は今の人生も大切だと考えておりますが、キャリアにおいては5年後、10年後も大切です。家庭環境の変化で退職をするという勿体ない事をしない為にもあなたの人生において大切になる事をクリアにしておきませんか?

あなたの転職に関わる時間の負担を軽減できます。

面接日時の調整や給与の条件交渉、退職時期から考えた入社希望日の提案等、ややこしい対応は転職エージェントの当社が対応していきます。在職中の方は今の仕事に集中して頂き、離職中の方は他の対応をする時間にあてて転職活動ができます。

初めて中小・ベンチャー企業で働く方への支援も万全です。

今まで大手企業や大企業で仕事をしていた方が、100名以下の中小・ベンチャー企業へ転職となると不安な事も多いかもしれません。私達はその違いや考え方を捉えた支援をさせていただいており、安心して転職ができるようにサポートをしております。

1次面接支援・最終面接前の支援も充実しています。

書類選考が通過した後の重要なポイントは面接であなたを採用したいと相手企業が思う事です。本来のあなたの想いや仕事観を企業へ正確に伝える為に私達が事前に支援をさせていただきます。

今後、転職活動をお考えでしたら、転職活動を3回経験したキャリアコンサルタントに相談してみませんか?

以下に担当キャリアコンサルタントの紹介をさせて頂きます。

担当キャリアコンサルタント

株式会社キャリア経営パートナーズ
代表取締役 坂本 典隆

キャリアコンサルタント
TCS「認定コーチングスキルアドバイザー」
CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)
経営者の軍師 認定コンサルタント(1級)

略歴

大学を卒業後、株式会社メガネスーパーに
入社をして販売職からのキャリアをスタート。

1年目に新人賞を受賞し
2年目から店舗責任者と教育担当として
完全燃焼の日々を送る。

4年半後、ウインク株式会社に転職。
メガネのボランタリーチェーン加盟店の
経営者に対して経営支援を行う。
30歳を目前にした時、
新しい業界にチャレンジをする事で
自分自身の力を試してみたいという気持ちが強くなる。

縁あって人材総合アウトソーシング企業の
株式会社エスプールに入社。
派遣コーディネーター、
支店責任者、コンサルティング営業を経験し、
派遣と人材紹介を徹底的に習得する。

その後、ベンチャー企業の
株式会社グッドニュースに転職し
求人広告・人材紹介・人材派遣の
ワンストップサービスの営業展開を行う事で
多くの企業との出会いを創出し
5年間駆け抜けた後、
株式会社キャリア経営パートナーズを
起ち上げた。

※出版実績(2017年8月21日発売)
その転職は後悔しませんか?
~転職成功に必要な心構え~

by キャリア経営パートナーズ