営業の仕事をしていると誰でも弱気になる。でも、そこからが勝負。

起業までの足跡と歩み

こんばんは。キャリア経営パートナーズの坂本です。今回、仕事で頑張っている方を応援したい想いでblogを綴らせて頂きます。

仕事の調子が良い時には、自信満々で仕事に向き合う事が出来る。でも、調子が悪い時には自信が徐々に無くなってくる。

これは、自分の実体験もそうでした。

営業職や販売など結果を追う仕事をしている方は常に付きまとう問題。顔色にも出るし、笑顔があるかどうかなどの表情の変化にも繋がる事。

弱気になったところからが勝負

私自身も2014年に独立をして全く何もない状態からスタートをした事を今でも思い出します。

テレアポをして上手くいかず。

実績が無い。会社の歴史が無い。御社の強みは何なの?に上手く返せず。etc

自信があったテレアポが怖くなった。そのような経験をしています。

そこから必死で考えて行動し・・・乗り越えて今に至っています。

だからこそ、今、何か自信が無くなりそうな方、元気が無い方へ

自分なりのメッセージを送りたいと思います。

焦りが出たり、マイナスイメージが浮かんでしまい発言がネガティブになる事もある。

言ってしまうと自分の事を信じられなくなって良いイメージが描けない。自分の成功が見えなくなってくる。

でも、その状態に飲み込まれてしまうと良い流れはやってこない。流れは変わらず苦しい状態が続いていく。

営業未経験者が感じる壁

初めて営業職に挑戦をしている方。全国に沢山いらっしゃると思います。

やってみて最初の感想はいかがでしょうか?

楽勝!簡単!俺にもできる!という方よりも・・・

大変だな・・・結果がスグには出ないかもしれないな。

意外にやる事が多い。自分に出来るのかな。

ネガティブな感覚をお持ちな方が多いかも・・・

私も未経験で初めてテレアポをした時、昔なので今は笑い話ですが・・・・

「お前のテレアポはしょぼい。」

そう言われました。

というように私も最初はそんな感じでした。だから、安心して下さい。

今でも忘れませんし、負けん気が強かったので死ぬ気でテレアポを磨きました。

数ヵ月したら営業先への移動中にテレアポをしたり、空き時間に公園でタウンワーク片手にアポを取る事が普通になれていました。

最初はみんな素人です。だから、慣れるまでは営業は上手くいかない事もあります。

そこから這い上がって目標が達成できるプロの営業を目指していきましょう。

上手くいかない。そんな時にどうするのか?

・現状を分析する事
 →できない自分を認める事

・何が問題なのか?問題点を自分で知る事
 →何となく気合いと根性になりやすいからこそ注意

・上手くいっている人から学ぶ事
 →良い部分を吸収して盗むことが大事

・小さな目標を立てて達成癖をつける事
 →失った自信を小さなハードルを越えて取り戻す事

・走りながら考えて試行錯誤をしつつ質を上げる事
 →行動が出来ないと現実が変わらない。一歩踏み出して動く事

上手くいかない時こそ、冷静になって考える癖をつけていきましょう。仕事における情熱も大事ですが同時に冷静に考える事も必要です。

負け癖から勝ち癖を付ける事

負け癖が付くと抜けるまで苦労します。良い習慣は身に付くまで時間がかかります。悪い習慣も抜けるまで時間がかかります。

本当に厄介ですよね。

その負け癖から勝ち癖に変える為に、行動を積み重ねていく事が必要になります。

特に自分の勝ちパターンを自分でイメージできるようになると強いですね。これをすれば良い流れになる。そう思える行動を持つ事です。

仕事を楽しむ人が強い

最後に伝えたい事は「仕事を楽しむ事」です。これは自分にとってもそう。そして、お客様にとってもそうなんです。

楽しんでいる営業からサービスや商品を買いたいと思うものです。

だからこそ、仕事で上手くいかない事があったとしても困難を乗り越える事に対してワクワクする。そういったマインドになれると強いです。

自分が成長する事で更に高いレベルの仕事が出来るようになる。

そうなる事で自分にとってもプラスですが、お客様にとって大きなプラスです。

常にお客様に喜んで頂ける仕事を追求する事。それが楽しい!そう感じるようになったら天職ですよ。

売上数字はお客様に喜んで頂いた結果である

大きな数字目標はしんどい数字ではない。

沢山のお客様が笑顔になったという結果。

だから目標数字を達成する事は数字を追うのではなくて、お客様の満足度を追求した結果である。

そう思えるようになれたら営業という仕事が最高の仕事になっていると私は考えます。

目標達成に向けての仕事が楽しくなれて当たり前になると楽しくなりますね。

また、不定期ですがテーマを決めて語らせて頂きます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

キャリアを捉えた丁寧な転職支援「キャリア経営パートナーズ」

キャリア経営パートナーズは20代とキャリア層を対象に「転職して良かった」と言っていただける仕事を追求しており2014年に起業した会社です。

ブログの執筆者でありキャリコンサルタントでもある代表の坂本が自己棚卸、書類作成、面接アドバイスなど二人三脚で親切丁寧に対応します。

キャリアを捉えた丁寧な転職支援「キャリア経営パートナーズ」

※転職支援実績

過去の関連記事:新規営業活動が持つ大きな意味について(2015年2月3日)

by キャリア経営パートナーズ