独立起業をして無名の企業がお客様から信頼を得る為には何をするのか?

起業までの足跡と歩み

恒例の「起業までの足跡と歩み」を
更新させていただきます。

起業に興味がある方の
リアルな参考情報として
活用していただければ幸いです。

今日のタイトルの答えですが・・・

最初は相手にされない中で、
どうするのか?悩みますよね。

誰も聞いたことが無い、
実績が無い企業が営業をする事は
難しいと感じるかもしれません。

特に起業した瞬間の営業は
セールストークも固まっていない
相手がどんな反応があるのか分からない。

怖くて手が止まってしまう方も
多くいらっしゃるかと思います。

確かに反応が分からないので
怖いという気持ちは私もありました。

特に独立する前にはマネジメント軸へ
移行している状態だったので
ガツガツの営業はしていませんでした。

それはチームメンバーの若手の
勢いのある優秀なメンバーが
実際にはやっていた状態ですね。

久しぶりにテレアポをして
電話口で聞かれて辛いのは

以下の内容です。

◆取引先
◆年商(売上や利益)
◆実績
◆従業員数
◆会社パンフレットなどのツール

全くありませんからね・・・
ゼロです。お客様もこれからです。
何も提示できるものは無かった・・・

でもココからが勝負なんです。
リアルに全て無いですから
何を伝えるのか?

「想い」「情熱」
「こだわり」「熱意」

このような暑苦しいと
思われるワードで
響くお客様との出会いを創る事。

心が折れると
何もできませんので、
伝えて、伝えて、伝える事。

そこに並行して改善、実践、改善。

そうする中で、
聞いて頂ける企業も出てきます。

そして、ド真剣に仕事を
していく事。

スグに結果は出ませんが、
そのプロセスが心を動かす事にも
繋がってきます。

大事な事は
自分自身に負けて心が折れない事。

折れそうになるんです・・・
ぽっきりと折れそうな時、
誰が支えてくれるのか?

それは自分自身しかいません。

最後の最後に結果が出るので
紙一重で諦めない事だと私は考えます。

今日の内容も
何かの参考にしていただければ嬉しいです。

by キャリア経営パートナーズ