求人広告で応募者がターゲットと違ってミスマッチが多い・・・改善方法は?

キャリアコンサルタントの『心に光が灯るblog』

私達が転職エージェントとして
企業と求職者とのご縁を繋ぐ仕事を
させていただいておりますが、
企業側からの悩みとして・・・

求人広告を出したけど、
応募者が採用したいターゲットと違って
上手くいかないというお話があります。

例えば、組織の体制上
女性社員を採用したいが・・・

男性ばかりの応募がある。

例えば、若手を採用したいが、
40代、50代のキャリア層ばかりの
応募で困っている。

例えば、無形商材の
営業経験者が来てほしいが、
メーカーのルート営業経験者が多い。

他にもミスマッチの事例はありますが、
応募者をコントロールする事が
出来ないので、待つしかないという
状態になると感じております。

その中で、当社でご提案させていただく事は
人財紹介(人材紹介)を活用してみませんか?
という事です。

こちらが、事前の取材で
御社の状況や欲しい人物像を取材させていただき、
マッチした人財や可能性がある人財を
ご提案させていただく流れを私達が作ります。

対象者が少ない場合は長丁場になる可能性が
ありますので、ある程度は可能性を広げる
お話をさせていただきますが、
重要なポイントはおさえる事ができるので、
ミスマッチを防ぐことも実現可能です。

中途採用の成功は企業にとって
成長へのスタートです。

迷っている経営者、採用責任者の方は
お気軽にご相談下さい。

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

—————————————————-

株式会社キャリア経営パートナーズ

CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)
経営者の軍師 認定コンサルタント(1級)

坂本 典隆
—————————————————-

snavi_bn_01_on

by キャリア経営パートナーズ