求人広告の効果が不満だと感じてきたら採用コンセプトを見直すこと

キャリアコンサルタントの『心に光が灯るblog』

大阪で採用と教育支援を
させて頂いております坂本です。

私が人財紹介(人材紹介)、求人広告、
人材派遣等の全ての営業と
求人広告では営業&原稿制作をしていたので、
採用のコンセプトや手法についてのご相談を頂く事がございます。

最近のお悩みでは
求人広告を活用しても採用が0人だった。

この問題が鉄板かもしれません。

求人広告は人財紹介(人材紹介)と違って
成果報酬型ではない場合が主流です。

その為、
私が求人広告でご相談に
乗らせて頂く際は、
採用ゼロ(0)のリスクを如何に回避するか?

このポイントを重要視します。

勿論、職種によっては求人広告が
費用対効果が高い場合も多くあります。

リスクが少ない場合は
「求人広告でいきましょう!!」
自信を持ってお伝えします。

しかし、専門職・技術系であったり、
ターゲットが不明確な場合は
求人広告で母集団形成に苦労する事があります。

理由はターゲット層が少ない事。

ターゲットがぼやけているので、
採用したい方への共感度が低い原稿に
なってしまう事などです。
結果応募数が低いという流れです。

採用費を大切に活用されたい
企業様においては・・・

一つのご提案として、
今回の採用したい人物像を明確にして
求人広告で採用ゼロ(0)リスクが
どのくらいあるのか?を踏まえた上で、
確率の高い手段を決定する事がお勧めです。

人財紹介(人材紹介)でも同じですが、
競合他社よりも求職者との接点を増やすことが
ポイントですので、
私は年齢制限の幅を広げて頂き、
学歴や転職回数よりも人物重視の採用を
していきませんか?とご提案する事があります

※企業の想いや理念、社員の生の声を情報として
しっかりと伝える事で共感型の原稿や
人財紹介対応が可能になります。

正解はありませんが、
色眼鏡を外した採用活動から
勝機を見出した企業様も多く知っております。

経営は差別化をする事が当たり前です。

私は採用も差別化をする事が
中小企業の採用力強化に繋がると考えます。

お悩みの際はお気軽に
株式会社キャリア経営パートナーズの
坂本までご連絡下さい。

by キャリア経営パートナーズ