転職活動をしていて面接で不採用となる理由って何だと思いますか?

中途採用として転職活動をした事がある方は、ご経験があるかと思いますが、面接を受けてダメだった理由が分からないという事。私自身、人材業界に入る前は自分で求人広告を見て選考を受けていたので、不採用だった時の理由は分からないままでした・・・

しかし、転職エージェントして仕事をする中で、必ず面接を受けた方の結果時にご縁が無かった理由は頂く事になります・・・

その理由を少しでも知っていれば一つの面接対策情報になると考え、言葉は私なりに変えて、オリジナルの表現として一部を公開させて頂きます。中には私が面接官をしていた時の経験も織り込んでおります。面接を受けていて、良い結果が出ない方の少しの参考になる事を願っております。

採用活動をどうしたら良いのか迷った時は今の社員を見るとヒントがある。

 

面接でお話をお聞きしてみて、即戦力としてのイメージが持てなかった。

書類選考が通過しているという事は、書類上で経験が活かせると採用担当者も感じたという事です。そういった中で、採用担当者は具体的に経験を確認するように話をする部分もあります。その内容によって、経験が活かせるのか?もしくは、教育が必要になるのか?重要項目についてしっかりと確認をしている状態です。

そこで、相手に対して分かりやすく伝える事も必要ですし、事前にどのポイントを聞いてくるのか?を求人情報から予測を立てる事によって 、整理をする事でカバーできます。相手が求める経験や人物像をあなたの経験を重ねる事で、働いているイメージが具体的になると、即戦力として活躍できると感じて頂けます。

 

当社の社風と合わないと感じてしまった。

会社は1社1社、それぞれに雰囲気も違いますし、社風というものが個別に存在します。その社風と合うのか?合わないのか?は企業文化とマッチするのか?という部分になります。無理して働いたとしても最終的に離職になるようであれば、企業は採用を決断できません。

求めている社風とマッチする事で入社後にイキイキと働く事にもなるので、事前情報から・・・マッチしていないかを判断して、受けるかどうかも十分検討する事も必要な時があります。面接を受けるとなると事前準備が必要になる為、限られた時間で効率的に動く為に、社風を考えてエントリーする企業を決断されても良いかもしれません。

 

ビジネス上、最低レベルの言葉遣いが出来ていなかった。

営業でも事務でも全ての職種において、言葉遣いは大変重要になります。社内でもそうですが、大事なお客様との対応時に、会社の信用を無くしてしまう事に繋がらないように・・・ビジネス上の対応が問題ないのか?を採用担当者は面接で判断をしております。

ガチガチの敬語を話せるのかという事では無くて、最低限のお客様に対応できる言葉遣いを備えているのか?この辺りを確認していきます。その為、転職活動をするから・・・言葉遣いを勉強するという事ではなく、日常業務において、しっかりと学び、意識して対応する事が面接での評価に繋がると考えます。

 

質問項目が待遇や福利厚生だけで仕事への前向きさを感じる事ができなかった。

面接において、質問は重要です。以前、ブログでも発信させて頂いた通り、その質問内容によって相手の感じ方は変わってまいります。この辺りを訓練する為に良い方法は・・・ご自身が「採用担当者」になったとして、どのような質問が前向きに感じて、どのような質問が後ろ向きになるのか?を想像してみる事です。

待遇や福利厚生も重要な部分にはなりますので、その質問をする順番を考えたり・・・事前に調べられることはインターネットを活用してリサーチしてみる事等、いろんな対応方法はあります。まずは、相手の立場になって考えてみるようにしてみましょう。

 

志望動機やお話を伺う中で、当社では無くてもいいのでは?と感じた。

志望動機が明確でなければ・・・企業側に入社したいという意欲が伝わらないという事も出てきます。企業によっては志望動機を重要視している事も多いので、どこでも使えそうな志望動機にする事はやめておきましょう。

採用担当者は多くの面接を経験しており、本気で入社をしたいと思って志望動機をしっかりと考えた方と・・・とりあえずどこでも言っている内容で面接に臨んだ方とではすぐに見分けがつきます。「あなた自身が面接官だったらどう感じるのか?」を考えてみる事で内容が変わります。

 

謙虚さや素直さを感じる事が出来なかった。

謙虚さや素直さは新卒だけだと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は中途採用こそ、謙虚さはあるのか?素直さはあるのか?を採用担当者は勿論ですが、同席する責任者、そして経営者も重要視しております。

結局、組織の中に入ってイチから学ぶわけですから・・・今の従業員の方々と上手くコミュニケーションが取れるのか?しっかりと学ぶ姿勢があるのか?面接では判断されております。自信も重要ですが、人と人との関わりにおいて大切な事を考えて面接に臨まれる事をお勧めしております。

 

過去の成功体験をお聞きした時に、明確な要因や根拠の説明が出てこなかった。

経験の再現性・・・これは中途採用において重要な事になります。企業は即戦力としてその方に成果を出して欲しいので、過去の経験の中で、入社後に、それ以上だったり・・・近しい結果を出すことができるのかを判断したいとも考えます。

極論は働いてみないと分かりませんが、事前に想像する事ができます。ある成果を話する時に、明確な理由や根拠や戦略等も盛り込んで整理されているのか?ラッキーで結果が出ただけなのか?は話を聞いてみると分かります。

シンプルな例では、「営業職として年間達成ができた理由は何ですか?」という質問に対して、「一生懸命頑張ったからです。」という答えであれば、どう感じると思いますか?こういった質問に対して相手が求めている内容をしっかりと伝える事も大事なポイントになります。

—————————————-
転職にお悩みの方がいらっしゃいましたら、
お気軽にご相談下さいね。

以下をクリックしてメールで受付しております。

無題

キャリア経営パートナーズを活用する事で得られるメリットをご紹介

①書類審査の通過率が上がります。

なぜ書類が落ちるのか?その理由はたくさんありますが、採用責任者にそもそも届いていない可能性があります。あなたが採用責任者であれば、その書類を見てどう感じるのか?少し、そういった観点も持てるようになってきます。また、転職エージェントの当社を活用する事であなたの想いや人柄もプラスして伝えていきます。

②面接で聞きにくい事も事前にクリアにできます。

今までこんな事はないですか?「休みはちゃんと取れるのかを聞いておけば良かった。」「実際の退社の時間は何時になるのだろうか?」「強制的な飲み会は無いのか?」私達は今の人生も大切だと考えておりますが、キャリアにおいては5年後、10年後も大切です。家庭環境の変化で退職をするという勿体ない事をしない為にもあなたの人生において大切になる事をクリアにしておきませんか?

③あなたの転職に関わる時間の負担を軽減できます。

面接日時の調整や給与の条件交渉、退職時期から考えた入社希望日の提案等、ややこしい対応は転職エージェントの当社が対応していきます。在職中の方は今の仕事に集中して頂き、離職中の方は他の対応をする時間にあてて転職活動ができます。

④初めて中小・ベンチャー企業で働く方への支援も万全です。

今まで大手企業や大企業で仕事をしていた方が、100名以下の中小・ベンチャー企業へ転職となると不安な事も多いかもしれません。私達はその違いや考え方を捉えた支援をさせていただいており、安心して転職ができるようにサポートをしております。

⑤1次面接支援・最終面接前の支援も充実しています。

書類選考が通過した後の重要なポイントは面接であなたを採用したいと相手企業が思う事です。本来のあなたの想いや仕事観を企業へ正確に伝える為に私達が事前に支援をさせていただきます。

今後、転職活動をお考えでしたら、
転職活動を3回経験した
キャリアコンサルタントに相談してみませんか?

以下に担当キャリアコンサルタントの紹介をさせて頂きます。

担当キャリアコンサルタント

顔写真

株式会社キャリア経営パートナーズ
代表取締役 坂本 典隆

CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)
経営者の軍師 認定コンサルタント(1級)

【略歴】

大学を卒業後、株式会社メガネスーパーに入社をして
販売職からのキャリアをスタート。

1年目に新人賞を受賞し
2年目から店舗責任者と教育担当として
完全燃焼の日々を送る。

4年半後、ウインク株式会社に転職。
メガネのボランタリーチェーン加盟店の経営者に対して
経営支援を行う。
30歳を目前にした時、新しい業界にチャレンジをする事で
自分自身の力を試してみたいという気持ちが強くなる。

縁あって人材総合アウトソーシング企業の
株式会社エスプールに入社。派遣コーディネーター、
支店責任者、コンサルティング営業を経験し、
派遣と人材紹介を徹底的に習得する。

その後、ベンチャー企業の株式会社グッドニュースに転職し
求人広告・人材紹介・人材派遣のワンストップサービスの
営業展開を行う事で多くの企業との出会いを創出し
5年間駆け抜けた後、株式会社キャリア経営パートナーズを
起ち上げた。

br キャリア経営パートナーズ
ライタープロファイル
キャリア経営パートナーズ
キャリア経営パートナーズ
株式会社キャリア経営パートナーズ、代表取締役の坂本です。
相手の強みを引き出すキャリアカウンセリングを得意とし、人と組織を分析する事で組織の課題を抽出します。そして、経営者の軍師として共に改善・解決に導くサポートいたします!

関連記事