求人をしていて応募が集まらない・・・次にどうしますか?

私達は企業の中途採用の支援を行っているエージェントとして最近はご依頼が増えてきている状態です。

つまり、求人をしていても採用が上手くいかない

待ちの姿勢では無く、少しの攻めの姿勢を作りたい

求人では応募が来ても条件とミスマッチで面接まで至らない

色々とあるかと思いますが、大手企業でなくても求職者との接点を創る事は当社の成果報酬型の人財紹介であれば可能性が出てくると考えます。

どんな企業においてもその会社ならではの部分が存在しております。

例えば・・・お子さんが小さい場合は、男性社員でもお迎えの対応をする事もあるので、退社時間をある程度、自己判断で任せる会社。

このエピソードが一つあるだけでも、こういった事が次の転職先の一つの条件であれば、興味を持つ方はいらっしゃいます。その方のパーソナリティは既婚者でお子さんがいる方。

そして、その方のキャリアの延長にはお子様が大きくなる事、介護の問題がいずれ発生する事も想定されると10年後、20年後はどういったキャリアを描けるのか・・・この辺りも想像できれば企業と求職者の接点がドンドン近付いてきます。

ある意味、採用活動において、100人いる中で、100人を振り向かせるという事では無く、100人いる中で、たとえ1名でも共感をしていただける方との出会いがあれば良い採用ができる可能性があるという事です。

その為には、取り敢えず条件や待遇などを訴求するだけでは、大手にも負け、誰も興味を抱かないので、それ以外の訴求ポイントを探す中で、何かの糸口が見えてくるかもしれません。

一つの参考にして頂ければ幸いです。本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

br キャリア経営パートナーズ
ライタープロファイル
キャリア経営パートナーズ
キャリア経営パートナーズ
株式会社キャリア経営パートナーズ、代表取締役の坂本です。
相手の強みを引き出すキャリアカウンセリングを得意とし、人と組織を分析する事で組織の課題を抽出します。そして、経営者の軍師として共に改善・解決に導くサポートいたします!